苦言愚言ログ 2006年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮に大根とピーマンを送ってやれ

「敵に塩を送る」と言うが、どうせ捨てるなら北朝鮮に大根とピーマンぐらいは送ってやろう。

理想としては、自衛隊がゲリラ的に北朝鮮の貧しい農村に大根とピーマンを配るという、歴史的な偉業を成し遂げて欲しい。

無理か・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

給食費も払わないような親の存在自体が問題

「こんな若者が親になったらどうする?」と昔から心配されていた事が正に現実になっている現在。

生活苦でもないのに給食費を払わない親が多いという。
モラルどころか人としての最低限の常識すら失っている愚かな親には厳しい罰則が必要だろう。
罰則があいまいだからこそ、調子にのる馬鹿親が増えているんだろう。

NHK受信料も同じだが、良心に訴える時代は終わった。
日本人は完全に過去の良識を失った。
それも時代の流れだとは思うが・・・。

罰則があいまいなものには、明確な厳しい罰則を適用すべきである。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

Qちゃん頑張れ!!!

当然の事だが、高橋尚子は引退説をはっきり否定した。

マスコミはたった1回のマラソンの結果で、勝手に「引退か?!」等の報道をしていたが、本当に下らないと思う。
あくまでも、高橋尚子のラストチャンスは北京五輪出場であろう。
ここで諦めるはずがない。
しかし意地の悪いマスコミは、引退宣言の画が撮りたい気持ちでいっぱいであっただろう。

日本のマスコミの下品さが伝わってくるようだ。
とにかく、Qちゃん頑張れ。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

小泉チルドレンも学級崩壊

社会では、いじめ問題や学級崩壊等の教育問題の解決が急がれている。
安倍政権の政策の根幹である。
そんな中、タウンミーティングのやらせ問題が出てきた。
教育改革を熱弁する安部総理の立場がない。
教育改革は子供より役人から始めた方が良いのではないか。

それに加えて小泉元総理の置き土産である小泉チルドレンが騒ぎ始めた。
造反組の復党問題だ。
使い捨て扱いまでされて、すっかり永田町の道化師軍団になってしまった・・・。
佐藤ゆかり議員や杉村太蔵議員などはそれほど打撃を受けないような気がするが。
国会議員の地位にしがみついて怯えている状況は滑稽である。
チルドレン扱いされていた実力派議員にとっては逆にチャンスかも。

いずれにしろ、劇には必ず終わりがある。


テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

長島一茂になぜかイライラする事は・・・

日本テレビの新しいニュース番組である「NEWS ZERO」。

曜日キャスターが設けられていて、その中に長島一茂が混じっていた・・・。
あの一茂がニュースのコメントするのか?
そんな大役を任せる番組の趣旨が理解できないでいた。

しかし、私は最近気がついた。
私は一茂がニュースに関してコメントしている時よりも、一茂が野球の解説をしている時の方がなぜかイライラするのだ。

なぜだろう?
自分でもよく分からないのだ。


テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

再チャレンジは天下りの根絶から!!!

安倍政権の目玉である、再チャレンジ支援。

しかし、フタを開けてみると大した内容ではなく、期待外れであった。
私は素人なので、きっと天下り問題にも積極的なメスが入ると勘違いしていたのだ・・・。

国民の血税を無駄遣いしている状況を正せば、多くのニート、心身に障害がある人々の雇用、高齢者の雇用など、様々な問題解決の突破口が見出せると思っている。

私は、天下りを見てみぬふりをするのが政治的で、大人だとは決して思わない。
国民をバカにするな。


テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

メジャーに挑戦する選手全員を応援する。

桑田投手がメジャーに挑戦する事には賛成である。
本人が希望しているからである。

評論家の意見や世間の声を真に受ける必要はないだろう。
いい結果が出ようが出まいが、本人が後悔のないメジャー生活が少しでもできれば本望だろう。

野茂選手がMLBのマウンドに立つまでに、たくさんの評論家が「メジャーじゃ通用しない」と言っていたのを思い出す。
いくら日本で活躍した実績のある評論家でも、メジャー経験が無ければ評論はできない。
大口を叩けば叩くほど、妬みしか感じられないのだ。

メジャーに挑戦する野球選手は全員応援するつもりだ。
ところで、もっと日本にメジャー経験のある評論家が増えればいいなと思う。
野球評論家も世代交代の時期だと思う。


テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

「非核四原則」がお勧め?

非核三原則「核を、持たず・作らず・持ち込ませず」に加え、「議論せず」を加えて四原則にしておくべきだったのだろうか。

政治的意図が見え隠れするが、中川政調会長の核議論発言には、反論する者が後を絶たない。
思想の自由が認められている国なのだから、核について議論する事自体がおかしいと言うのは変だ。
政調会長の発言としては不適切という意見も線引きが難しい。

日本は核について議論すればするほど、核の恐ろしさ・保有する下らなさを実感できる国ではないのか?
若者が核について考える絶好の機会だと思うのだが・・・。

ただ議論する事自体が非常識だという発言の方が問題に感じる。


テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。