苦言愚言ログ 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国はやっぱり残念な国・・・

今回の「殺人餃子事件!?」に限らず、中国にはまだまだ問題が多すぎる。

食の安全問題や著作権問題にしろ、中国は経済分野以外ではまだまだ発展途上国である。

中国はまだ21世紀を迎えていない。
やはり残念な国である。





スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

細木数子がなぜ相撲の解説をしているのだろうか?

朝青龍ネタで数字を稼ぐ占い師、細木数子・・・。

29日の「ズバリ言うわよ!」では、緊急で朝青龍が出演し、なぜか細木先生御自身が初場所千秋楽の白鵬との名勝負をズバリ解説されていたが、やっぱり調子に乗りすぎだろう・・・。
「(朝青龍は)勝負を捨てて相撲に勝った」「(朝青龍が2場所休場中、頑張ってくれた白鵬への)エールの負け」など言いたい放題・・・。

朝青龍に関するVTRをたくさん持っているようだが、諸事情で流せない事にかなり怒っていた。
それが番組降板の原因だったのだろうか?
もしそうだとしたら、天狗になっていた細木が鼻をへし折られた格好である。

はっきり言えるのは、朝青龍と白鵬との横綱対決は本当に素晴らしかった。
正に男と男の、実力と実力のぶつかり合いであった。
辛口トークの内館牧子も心が動いたに違いない。

わざと負けてあげる等のつまらない次元の気遣いは無用の一番であった。
「本当は勝っていた」事を証明するVTRを放送できない事を細木は何度も悔やんでいた。
内容は朝青龍がモンゴル帰国療養中の、命がけの過酷なトレーニング風景らしいが、白鵬だって決して負けていなかったと思う。
横綱として十分な稽古をしていたであろう・・・。

それにしても、占いで事前に結果は分からなかったのだろうか?

私が本当に見てみたいのは「細木数子VS内館牧子」である。
細木数子に「地獄に落ちるわよ!」と一喝されるのも怖いが、内館牧子に「過去の人ですから・・・」と言い捨てられるのも非常に怖いと思うのである。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

松下の名前が消えるのはやっぱりさびしい・・・

松下電器産業がパナソニックに社名変更するニュースを聞いて驚いた。

松下の名前が急に消えると思うと何だかさびしい気がする。
ナショナルの名称も消えるのも同じだ。

思えばビクターも売却されたし、松下電器も改革の真っ最中なんだな・・・。

それで、ふと思い出したのが、懐かしきオーディオブームの時はよく見かけた「テクニクス」はどうなったのか?
私の子供時代、家にあったのがテクニクスのまるで家具のようなステレオであった。

パナソニックのサイトで調べると、まだDJ機器のブランドとしてテクニクスは名前は残っていた。何だかホッとした。
今日1番の発見であった。

持ち株会社等で、松下の名前を残してもいいんじゃないかと思うのが、素人なんだろう・・・。
世界を制するブランドとして、パナソニックはこれからますます躍進していくのだろう。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。