苦言愚言ログ 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国軍高官「沖縄は属国だった」(産経)

◇沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題に絡み、中国国防大学戦略研究所所長の金一南少将が「沖縄は中国の属国だった」との“暴論”を展開していたことが13日までに明らかになった。現役軍高官の発言だけに、波紋を呼びそうだ。(産経新聞)

■■■■■

◆昔、石原都知事が「中国の民度が低い」と発言した事があったが、最近その意味が分かってきたような気がする。

情けないコピー商品ばかり売っている事だけではなく、民度の低さとはいろんな面で分かるものである。

今回のニュースのみならず、一連の中国側の悪質な行為や発言は、民度が低い国が経済大国になっても人類のためにならないと気づかせてくれるものである・・・。

とはいえ、利益のために中国と仲良くしようと頑張る日本も民度が低いという事になってしまう。

だから日本も上から目線で発言できる立場ではないが、常に対等であってほしい。

いずれにせよ、日本の偉い人達に国際世論を味方につけられる磐石な外交を願う。



スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

紅白なんてどうでもいい・・・

◇アッコ、幸子会見の矛盾をつく 発言にも疑問符“なぜテレビ通じて謝る?”(デイリースポーツ)

事務所幹部解任騒動の渦中にある演歌歌手小林幸子が6月27日に会見し、翌28日に元社長がマスコミ各社に反論FAXを送るなど、小林の会見がさらに泥沼化を招いている問題で、歌手・和田アキ子が1日、TBS系「アッコにおまかせ!」で「何で元社長と(直接)お話しないで、テレビを通じて『申し訳ない』と言うの?」と小林の対応と発言に疑問符を投げかけた。


■■■■■

◆小林幸子もメディアを利用して紅白出場に向けて全力を注いでいるが、逆に裏目となっているようだ。


【紅白出場への執念にドン引き】

紅白出場を逃すと歌手としてのイメージが落ち、CDの売り上げや翌年の営業に影響が出るらしいが同情はできない。

まだ震災ショックから立ち直ろうと必死の国民がいる現在、紅白出場など次元が低すぎる。


【小林幸子とオセロ中島】

小林幸子も変な占い師にハマったオセロ中島とよく似ている。

夫婦で利益を独占したい夫にマインド・コントロールされているのだろう。

歌手としては一流でも経営者としては素人同然で、夫にいろいろ入れ知恵されたらもう止めようがない。

和田アキ子氏の発言にもあったが、何で元社長に直接謝罪せずにテレビで謝罪なのかと考えれば、紅白出場のための計算なのだろう。

しっかりとした口調だが、「あれしたい」「これしたい」のわがままな内容が痛々しかった…。

芸一筋の人生を歩んできた者が、会社経営で失敗する事はよく聞く話である。

一緒に歩んできた元社長への友情よりも、夫への愛情を露骨に優先させた罰なのだろう。


【NHKはもう小林幸子の庭ではない】

昔、NHKホールで歌謡ショーを見に行く機会があった。

リハーサルから見学できたのだが、一番印象に残ったのは小林幸子に対するNHK関係者のチヤホヤ度であった。

やはり紅白常連の大物歌手の扱いは違うと思ったものだ。

紅白常連の大物から見たらNHKは庭みたいなものなんだろう。

しかし騒動を起こした事でその庭に入る事が困難になった。

自業自得である。


【小林幸子の紅白出場の可否に興味はない】

小林幸子が紅白に出ようが出まいが私にはあまり興味がない。

それよりも、被災地でチャリティーコンサートを積極的に行う等、復興支援に尽力してほしい。

逆に、その方が紅白の近道のような気がする。


【小林幸子が素晴らしい歌手である事は変わらない】

一刻も早く、自分で自分の首を絞める状況から脱出すべきである。

小林幸子が歌手として否定された訳ではない。

日本を代表する演歌歌手である事は今後も変わらない。

つまらない騒動を小林幸子自身で完結させるべきである。




テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。