苦言愚言ログ 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット目的の犯罪増加を懸念・・・?!

◇仮釈放の堀江貴文「服役中、人間関係で身につまされた。事業欲が取れなかった」と語る(Business Journal)

旧ライブドアの粉飾決算事件で、旧証券取引法違反の罪により、懲役2年6カ月の実刑が確定し、服役中だったが元同社社長・堀江貴文氏は、本日(3月27日)午前、長野刑務所から仮釈放された。

 堀江氏は本日19時~記者会見を行い、終了後に出演したインターネット動画サイト「ニコニコ動画」(ドワンゴ)の番組『堀江貴文仮釈放記者会見(裏)生放送』の中で、自らの刑務所生活を語った。

 刑務所内で堀江氏が所属していたグループは、衛生班といわれる4人と、その下の約30人で構成され、グループの年配であるトップの人がかなり強面だったため、堀江氏も気を使ったという。

「その人はゲーム雑誌『週刊ファミ通』(エンターブレイン)を愛読するゲーム好きで、ゲームの話しをすると喜ぶため、(堀江氏は)あまり詳しくないが、ゲームの話題についてよく話しかけていた。そのため、『出所したら(任天堂のゲーム機)ニンテンドー3DSを送ってよ』とよく言われていた」(堀江氏)

 また、堀江氏は、「組織の人間関係は面倒くさい面もあったが、自分は社長しかしたことがないので、『自分も部下にこういうことをやってしまっていたな』と、身につまされることも多かった」と話した。

 一方、日々の生活面については、次のように苦労を語った。

「毎日21時就寝・6時50分起床という規則正しい生活。いつも初めの1時間ほどは寝られず、考えごとをするしかなかった。でも、刑務所生活の最後のほうでは、考えることがなくなってしまい、それがキツかった。また、やはり自分は事業欲などの煩悩が取れなくて、欲がなくなればどれだけ楽だろうと思った」(堀江氏)

 加えて、「食事面で辛かったことはなかったか?」という質問に対し、堀江氏は、「最初は炭酸(飲料)が飲めなくて苦しかったが、だんだん類が上がり、映画などを見る集会に出られるようになると、そこでお菓子とセットで炭酸が配られるようになった。そのうち、チョコレートやあんこ類などの甘いものは、週1回くらいは出てくるようになった」と語った。

 食事面では、「刑務所の食事は味付けが薄口なため、本日出所後に食べたハンバーガーは味が濃く感じた」との感想を漏らした。

 また、労働面については、「普段は毎日工場で働いていたため、普通に出勤して、ほかの人とおしゃべりする感覚だった。しかし、しゃべれる時間は、朝15分、昼食後20分、午後15分くらいしか許されていなかった。しゃべらないよりは何かしゃべっているほうがよいので、くだらないことを話したりしていた。今日はもう刑務所時代の1カ月分くらいしゃべった」と話した。

「出所後、お酒はもう飲んだ?」との質問に対しては、「この番組後、すしを食べに行き、そのあとワインを差し入れしてくれることになっている」と嬉しそうに答えた。

■■■■■

◆ホリエモンが服役中に30キロ痩せたという。

やはり規則正しい生活が一番大切なんだろう。

こんな報道があれば、ダイエット目的で犯罪を犯そうと考える者が出てくるのではないかと心配になる。

いずれにせよ、どうせ豪遊してリバウンドするのだろう…。

当分の間、ホリエモンから目が離せない。








スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

人類にとっては悪夢である。

◇中国全人代が閉幕 習氏「中国の夢は人民の夢」(テレビ朝日系(ANN))

 中国の全人代=全国人民代表大会は、新たな国家主席に決まった習近平氏が演説し、国民の幸福の実現や国家主権を守り抜く姿勢を強調して閉幕しました。

 (青木俊憲記者報告)
 習主席は、「中国の夢」という言葉を9回も繰り返しました。「チャイナドリーム」という言葉で、未来への期待感を演出しました。
 中国・習近平国家主席:「中国の夢は人民の夢、人民によって実現されるもので、人民の福祉でならなければならない」
 習氏は国民の声に耳を傾ける姿勢をアピールし、「国民が平等に参加でき、平等に発展できる権利を保障する」と強調しました。そのうえで、「夢の実現には国民の団結が必要だ」と訴えました。深刻な格差、特に戸籍を巡る不平等感などに国民の不満が高まり、一体感が失われていることへの危機感がうかがえます。一方、軍と武装警察に対して「党の指揮に基づいて戦争に勝つ準備をし、国家主権、安全、利益を固く守ろう」とわざわざメッセージを送りました。これは胡錦涛前国家主席の就任スピーチにはなかったことです。現在は、首相に就任した李克強氏が会見を開いています。冒頭で庶民に寄り添う姿勢を強調しました。しかし、環境問題も含めて国内の矛盾が大きくなればなるほど、日本などを含む周辺国との摩擦が広がったり、あるいは国内を力で抑え込むという懸念も高まります。

■■■■■

◆中国は世界の常識とかけ離れた思想を正すべきである。

中国の夢は人類に悪夢をもたらす。

とりあえず、PM2.5の問題から早急に解決してほしい。

PM2.5も立派なテロである。

一番苦しむのは中国自身であるから自爆テロである。

あんな有害な煙をもくもくと流し続けながら、よく夢とか語れるものだ。




テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

<WBC> 中居がややおとなしくなって良かった・・・。

最近、私の一番の楽しみは、テレビでWBCの試合中継を観る事である。

そんな私の不満はSMAP中居の解説者気取りの態度と発言だった。

自分の野球知識を披露したい気持ちからだろう。

やる気が空回りしていて、さらに試合の流れに沿って話す事ができない。

さらに不快なガラガラ声で、本当に試合中の中居が鬱陶しかった…。

しかし、だんだん中居の試合中の露出が減ってきた。

偶然なのかなと思い、試しに「中居 うざい」で検索してみたら中居批判の話題がたくさん出てきた。

これが中居をおとなしくさせるきっかけになったのだろう。

中居に不満を持っている者は私だけではなくて嬉しかった。

わざわざネットで批判してくれた人々に感謝した。


フジテレビの韓流絡みの問題で盛り上がった際、大物芸能人が「嫌なら見るな」と発言していた事を思い出す。

多チャンネルの時代、それも正論かもと思っていたが、WBCの地上波中継はそうはいかない。

中居がうざいから、WBCの試合中継をテレビでは応援せず、ネット等で途中経過だけを確認して我慢する訳にはいかないのである。

だから、ネットで批判してくれる人々にひたすら感謝するしかない。

一人では無力でも、ネットを通じて同じ意見の人々が一つになって大きな意思表示ができるとしたら素晴らしい事だと思う。

今日のオランダ戦も楽しみだ。

恐らく中居がチャンスを見つけて、ベラベラしゃべりだすシーンも何度かあるとは思うが、それでも以前よりはマシなレベルであろう。

今日は試合に集中してテレビ観戦しよう。





続きを読む

キューバ戦じゃなくて・・・?!

◇WBC観戦で興奮心肺停止!台湾で3人救急搬送(スポーツ報知)

 台湾紙「自由時報」電子版は9日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドの日本対台湾戦をテレビ観戦した3人の市民が興奮のあまり心肺停止状態に陥り、救急搬送されたと報道した。

 手に汗を握る激闘を繰り広げ、延長戦の末に日本が4―3で競り勝った8日夜の日台戦。あと一歩で台湾野球史に新たなページを刻んだ試合だっただけに市民の熱狂は尋常ではなかったようだ。

 自由時報によると、最大都市の新北市内では、試合が行われていた現地時間8日午後6時から同10時半までの間に、救急搬送の要請は95件に上った。特に日本に勝ち越しを許した10回から救急電話はパンク状態に。周囲の人が心肺停止になったと訴えるケースが3件もあっただけでなく、失神は実に22件。さらに脳卒中3件、ぜんそくが4件と、試合終了までのわずか約30分間に計32件もの救急要請が寄せられたと伝えられている。

 記事は、フェイスブック上で「心臓が飛び出してしまいそうだ」「ハートはマヒしてしまっている」「私に早くAEDを貸して下さい」などといった書き込みが相次いでいるとも紹介。さらに、日台戦の視聴率は18・8%に達し、5日の台湾対韓国戦の12・2%を大幅に上回ったとした。試合は3つのチャンネルで放映されたため、視聴者数は全人口約2400万人の半数以上に上ると推計している。





テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

ものすごくどでかいニュースだと思った・・・。

◇HIV感染で生まれた乳児の治癒に初めて成功、米チーム(AFP=時事)

 米医療チームが3日、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染を持って生まれた乳児の治癒に初めて成功したと米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)で開催された第20回レトロウイルスと日和見感染症会議(Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections、CROI)で発表した。

 HIV感染新生児の治癒に成功したのは米ジョンズ・ホプキンス小児センター(Johns Hopkins Children's Center)のチーム。新生児への抗レトロウイルス薬投与を生後30時間以内から開始したという。新生児のウイルス数は徐々に減り、生後29日で検出されなくなった。1歳6か月まで抗レトロウイルス薬を使った治療を継続した後、投与を中止。その10か月後に複数の血液検査を行ったところ、いずれの検査でも陽性の結果は出なかった。

 通常、新生児への抗レトロウイルス薬投与は、生後6週間から実施可能な血液検査でHIV陽性の結果が出るまでは少量にとどめる。

 これによりHIVを持って生まれた乳児たちへの治療向上が期待されるが、チームは「完治」ではなく、あくまでも「機能的な治癒」としている。ウイルスが完全に撲滅できたわけではないからだが、この治療法でウイルスレベルは通常の薬剤治療を行う必要がない程度まで下がるという。

 ジョンズ・ホプキンス小児センターのデボラ・パサード(Deborah Persaud)氏は、新生児に早い段階で抗ウイルス療法を行うことで、体内からウイルスが除去され、潜伏しているウイルスの活動を防ぐことができると説明した。

【翻訳編集】 AFPBB News


■■■■■

◆医学の知識は全く無いが、このニュースが事実なら人類にとって非常に大きなニュースだと思う。

「機能的な治癒」という言葉を初めて聞いたが、完治の段階まで早く進歩してほしいものだ。

いずれにせよ、夢と希望を感じる明るいニュースだ。

記録しておこう…。

この世に生命を授かった時からHIV感染とは残酷な話である。

世界中の全ての新生児がHIVの恐怖から解放されればいい。




テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

<WBC> 日本代表がんばれ!!!・・・イチローも

◇好調イチロー「他の選手なら死にかけるほど練習した」 (朝日新聞デジタル)

タンパ(米フロリダ州)=山口裕起】ヤンキースのイチローがハイペースで開幕へ向かっている。2月28日のオープン戦で左前へ痛烈な打球を放ち、3試合連続の安打。ここまで9打数5安打と好調だ。「なんか気持ち悪い。感覚の問題なんですけどね」。本人は納得していない様子だが、その表情には充実感もにじむ。

 大リーグ13年目。マリナーズ以外で初の開幕を迎えるイチローは「新たな覚悟が生まれた」。これまではシーズンを乗り切るため、序盤を「助走の時期」ととらえていたが、スターぞろいの名門球団ではレギュラーが確約されているわけではない。「(現役最多、通算647本塁打の)Aロッドでも代打を出されるチームですから」。常に結果が求められる環境だ。

 年末年始の日本での自主トレでは、今年10月に40歳になる体を限界まで追い込んだ。「他の選手だったら死にかけるぐらい練習した」。一緒に練習した元チームメートの川崎や、斎藤(日本ハム)らも声をかけづらいほどの集中力だったという。

 「もう自主トレで準備は終わっている」。数々の実績を積み上げてきたイチローが、新たなステップへ挑む。


■■■■■

◆正直、今年もイチローにWBC日本代表選手として出場してほしかった…。

まあ、大人の事情があるのだろう。

仕方ないか…。

今年の日本代表は派手さはないが、日本国内の優秀選手が集まった手堅いチームだと感じる。

3連覇というハードルの高さに今回の代表選手には気の毒な部分もある。

しかし、投手陣が充実しているので、やっぱり日本3三連覇の瞬間が観たいものである。





テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。