苦言愚言ログ 2013年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<全国高校ラグビー>九学敗れるも次回に期待

長崎南山高校に対し、15-56と大敗ではあったが、九学ラグビー部の新しい歴史を見るような気がした。

・・・ネットで途中経過を見ていただけだが。

そういえば昔、妹が出産のため見舞いに行った際、病院の中で偶然、私の同級生で九学ラグビー部OBの集団に何故か再開した。

とても懐かしい思い出だった。

九学ラグビー部の絆、つながりは深い。

選手を支える指導者、OBの役割も大きいと感じる。

花園の常連と言われるぐらい、これからも全国で活躍してほしいものである。
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

<全国高校ラグビー>九州学院初戦突破!!!

第93回全国高校ラグビー大会 1回戦 第2グラウンド(12/28)


九州学院(熊本)は山形中央(山形)に前半・後半の計12トライで、80対0で勝ち、初戦突破。

全国大会常連校を相手に出来すぎと思うぐらいの内容だった。

次戦で強豪が相手でも、九学ラグビーの形を見せて欲しい。

ネットで途中経過を確認しながら応援したが、せめて、テレビで応戦したかった。

次も奄美大島からネットで応援するしかない・・・。








テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

【奄美大島に】 (3)飛行機の進化に驚いた。

羽田―奄美大島のJAL便は中型機であるが、昔と違い新型機に変わっていて驚いた。

繁忙期のみの代用機なのか?

とにかく私が昔、利用していた時はどこの会社の便かも覚えていないがプロペラ機であり、ボロかった・・・。

内装も狭く、窮屈であった。

大型機とは違ってよく揺れたし、忍耐力が必要であった。

CAさんも超ベテラン風の年季が入った人が多かったと思う。

CAさんというよりも、定食屋のおばちゃんのようなイメージの人が多かった。

ところが、今回の奄美便は若くてきれいなCAさんが多いと感心した。


空港で出発までには苦労したが、飛行機内は、3列シートに私一人だけ窓際に座れた。

空港内はあれだけ混雑していても、私が乗った奄美便は満員になる事はなかったのである。

願ってもない幸運であった。

ありがたい・・・。


機内で配布されるコーヒーも美味しかった。

きれいなCAさんが目の前で入れてくれるから美味しく感じるのだろうか?

近所の無愛想なドトールの店員が入れるコーヒーばかり飲んでいるから美味しく感じるのか?

JALで採用されるほどのコーヒー業者の豆がいいから美味しく感じるのだろうか?

そんなどうでもいい事を飛行中考えながら、のんびりと飲んでいた。


コーヒーを飲み終わってしばらくすると、疲れが溜まっていて、うとうとし始めてそのまま、うたた寝した。

そして、数分後に目を覚ますと、コーヒーを飲み終えた紙コップが無くなっていたのである。

私の数分間のうたた寝を見逃さずに、CAさんは素早く紙コップを回収していたのだ。

恐るべしCA・・・。

どうでもいいか。


さて、東京は寒さ厳しく天気も曇りで昼時なのに薄暗い感じであったが、雲の上だから当然といえば当然だが、上空は晴れていて太陽がまぶしかった。

奄美2

飛行機からでしか見る事のできない雲の絨毯は絶景である。

天国ってこんな感じかな?と思えるような独特の世界が広がり空の旅を演出してくれる。


2時間半ぐらいのフライトであったが、すこぶる快適であった。










テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

昔の任天堂を思い出す・・・。

◇「ハンバーガーは不健康」 米マクドナルドが従業員に助言(CNN.co.jp 12月26日(木)11時26分配信)


要約すれば・・・

・マック社内サイトに、ファストフードは便利で経済的な半面、一般的に高カロリーで脂肪、飽和脂肪、糖分、塩分が多く、太り過ぎになる危険があると記載が・・・。

・同サイトはもともとマック従業員に家計のやりくりを指南するもので、例示された1カ月の支出項目の中に食費やガソリン代がないことや、収入の欄に「2番目の仕事」という項目があることがマスコミに取り上げられた。

・「マクドナルドの賃金だけでは暮らしていけないことを同社が認めた」と、CNNMoney。


■■■■

◆大昔、任天堂のファミコンが大流行している中、大阪のラジオ番組の路上インタビューで任天堂の高齢の社員が「テレビゲームはやらないほうがいい」と言っていた事をふと思い出した。

一流企業でも、本人が不本意と思いながらも、働かなければならない現実があると思ったものである。

米マックはさらに会社そのものが自社製品を否定するという極めて特殊なケースだ。

日本マクドナルドは、さすがにそこまでずさんな社内環境ではないとは思うが、経営不振報道とタイミングが合い、ことごとく明るい話題がないような気がする。

私がマックに行く回数が減ったのは、メニューが撤去されてからである。

行く回数が減ったというより、完全にコーヒーショップとして利用するだけになった。

合理化のために、逆に客に注文をつける事にマックの傲慢さを感じたのである。

大企業病という言葉があるが、負のスパイラルに陥るとどんな一流企業でも、一般人には信じられない失態をしでかすものである・・・。




テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

【奄美大島に】 (2)羽田空港の混雑に苦しむ。

羽田―奄美大島の路線はJAL便である。

東京モノレールの羽田空港第1ターミナルで下車。

久しぶりに空港に行くとワクワクするものだ。

しかし、そんな浮かれた気持ちはすぐにふっとんだ。

受付カウンターが非常に混んでいたのである。

年末だから仕方のない事だが、気分が悪くなった。


ようやく荷物を預けて保安所に。

保安所はそこまで混んでない。

これはラッキーと思い、財布やスマホをプレートに置いてすぐに通過しようとした。

ブザーが鳴った・・・。

警備員に止められ金属探知機を当てられた。

ベルトのバックルに反応したため、ベルトを取るように言われた。

昔から飛行機に乗る時はベルトを気にする事はなかったような気がする。

鳴った時でも、ベルトが反応して原因が分かりそのまま通過させてもらっていたような気がする。

テロ対策で取り締まりが強化されているのだろう。

他の客もベルトを外している光景が結構見られた。

私は露骨にめんどくさい表情をしてベルトを取り再入場した。

今度は鳴らなかった。

また鳴ったらドリフのコントである。

大勢いる中で、ベルトを外したり着けたりするのは恥ずかしい。

さらに、警備員が私が持参していたペットボトルも確認していいかと言ってきた。

「嫌です」と言う客はいるのだろうか?

「どうぞ」と言って確認してもらい、ようやく保安所から解放されたのである。


私が飛行機と新幹線、どっちが好きかと聞かれると、新幹線と答えている理由をその時思い出した。

昔、海外の空港では靴まで脱がされた思い出がある。

しかし、恨むのは警備員ではなくて、あくまでもテロ組織である事を忘れてはならない。

昔、成田空港で爪切りの持ち込みが駄目と言われて抗議した事がある。

今、思うと私の認識が甘かった。

この手間で、安全が守られるのであれば、仕方のない事である。


・・・でも、めんどくさい。

奄美1
     出発前の機内の窓から。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

【奄美大島に】 (1)思いつきで奄美へ。

年末年始は奄美大島で過ごす事にした。

東京の生活に疲れていたからである。

南国の海岸を歩きたい気分になったのである。

祖父母の家があるため長期滞在が可能であった。


前回、奄美へ行った際は長旅だった。

東京から関西、中国、九州の親戚・家族の家を転々とした。

鹿児島からは船で一晩かかり、ようやく名瀬港に到着して感動した記憶がある。


今回は、比較的安い値段で航空券が手に入り、あっけなく空の旅を選んだ。

いずれにせよ、長旅をする気力はない精神状況であった。

ただひたすら「海が見たい」という思いつきで奄美へ旅立つ事に決めたのだ。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

<九州学院>バスケは負けてしまったか・・・。

急遽、東京から奄美大島へ移動する事にしたため、直接応援に行く事ができなかった。

ネットで途中経過を確認した時点で、九州学院劣勢だったため心配していたが、結局、大敗で終わっていた。

残念である・・・。

野球や駅伝もそうであるが、全国で勝つという事は大変だと思う。

応援する側は、ただひたすら応援するのみである。


今年の最後に九学男児の雄姿が見られるのはラグビーだけになってしまった。

本当に久しぶりの花園なのでぜひ、初戦突破してほしい。

気がかりなのは、初戦の相手である山形中央高校である。

山形中央高校は花園の常連なので、それはそれで心配であるが、それとは別に心配な事がある。

夏の甲子園で2回戦で対戦した高校で、その時、九学が快勝したのである。

あの時のお返しをラグビーでと、相手側が一致団結して盛り上がっていたらと思うとゾッとする・・・。

・・・なんて我ながら、どうでもいい心配をするのであった。

とにかく、初戦突破を願う!!

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

<全国高校駅伝>トラック勝負はPK戦みたいだ。

九州学院は2時間6分46秒で15位。

例年のような有力選手がいない中、九州学院は最後まで諦めず15位まで順位を上げてフィニッシュした事は素晴らしい。

選手達は不本意だったかもしれないが大健闘である。

入賞争いに全く関わる事はできなかったが途中、29位(だったかな?)から19位に上がった時点で驚かされた。

来年も楽しみだ。

それにしても今年の大会は優勝がトラック勝負になり面白かった。

九州勢、大牟田の優勝が見たかったが惜しくも準優勝。

しかし、元々大牟田は7区4位から2位なのだから立派だ。

それにしても、あれだけ長い距離をみんなで必死に分担して走っているのに、最後はトラック勝負になる事は酷に思う。

サッカーのPK戦みたいなものだろうか。

トラックだけを走る短距離区間があれば面白いかもしれない。

また、記憶に残るのはコザの選手が中継所目前の折り返し地点で転倒したシーンである。

痛そうなそぶりは一切見せず、すぐに立ち上がって必死に襷をつなぐコザの選手に感動を覚えた。

ただ、そのシーンは左下の小さな画面でのシーンなので、全く実況されなかった事が複雑であった。

優勝争いとは全く別世界の、最下位争いが展開される小さな画面に大きなインパクトを感じたのである。


九学も元々は熊本県最下位の常連だったらしい。

九学が通過したら中継所の片づけの合図だったと聞いている。

努力するチームは必ず報われる…。

その言葉自体は正に綺麗事である。

ただ努力した結果が10年後・20年後位には報われるのでは?と思えば現実的である。

その現実を承知の上で、先輩達が後輩達に努力する姿勢を伝えていく事が強豪校の伝統だと思う。

努力が報われる確率を上げるために、助っ人外国人を連れてくる事もしょうがない事かもしれない。

皮肉な事に、今年は世羅の助っ人外国人、カマイシが不調のために大会が盛り上がった。


やはり世の中にはヒーローとヒールが必要である。

世羅や仙台育英は悪であり、それを正義の味方、全員日本人のチームが戦って倒していくドラマだと思ってテレビ中継を観ていると駅伝が面白くなる。

7区の世羅の日本人選手は、トラック勝負になると分が悪い事を計算して、ロードで必死に勝負をしかけた姿は素晴らしかった。

しかし、結局4位に終わると外国人がいるチームなのに勝てないと酷評される。

これも悲劇なのかもしれない・・・。


それにしても、数年前のディランゴは速すぎた・・・。

九学の吉田がディランゴに抜かれるシーンは久保田の快走と同様に記憶に残っている。

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

<全国高校駅伝>がんばれ九州学院!

いよいよ全国高校駅伝男子がスタートする。

とにかく九州学院の選手達は悔いの残らないレース展開をしてほしい。

頑張れ。

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

橋本愛と勘違いしていた・・・。

土曜日の朝。

WEBニュースを観て、驚愕した。

橋本愛があべこうじと結婚?!

早まった事を・・・!!!

なぜこんな事になったのか意味が分からない・・・。

・・・よくよく読んでみたら、元モー娘。の高橋愛だ・・・orz

それはおめでたい。

お祝い申し上げます。

・・・っていうか、あべこうじが離婚していた事も知らなかった。

その部分から驚くべきだった・・・。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

フジテレビのドラマ「独身貴族」はイマイチ・・・。

フジテレビの木曜10時のドラマ「独身貴族」はつまらなかった・・・。

最終回の後半まで、主役の草彅剛がイジイジしていて、イライラしてしょうがなかった。

草彅の心境の変化の移り変わりがドラマの見どころだったと思うのだがイマイチもいいところだ。

「8月のボレロ」も完成して上映されヒットして終わるのかと思ったが、中途半端であった。

ゴシップ記事によれば、芸能界ではタブーとされる、北川景子の元カレとされる山下智久を共演させていた。

話題づくりのためだったが、思惑は外れ残念な結果に終わるという、振り返ってみれば、救いようがないドラマだったような気がする。

これもまた、話題作りの道具として、デヴィ夫人を出演させている事も残念。

セルフ棒読みが多く、時々中途半端な抑揚があって不快であった。

もっとベテラン女優の演技が観たかった。

しかも最終回でデヴィ夫人は、まさかの「お・も・て・な・し」のネタを披露。

流行語大賞の言葉を使えば話題になるとスタッフの魂胆かもしれないが、ことごとく残念である。

何話か忘れたが、IKKOもチョイ役で出ていたのを思い出す。

草彅の弟役の伊藤英明がアドリブかも知れないが「どんだけー」と叫んでいたのもだだスベリで不快だった。


やっぱり視聴率も悪かった。

平均視聴率:11.39%

第1回 :12.6%
第2回 :11.3%
第3回 :11.6%
第4回 :10.6%
第5回 :12.7%
第6回 :10.1%
第7回 :10.4%
第8回 :11.1%
第9回 :12.1%
第10回 :12.9%
最終回 :9.6%

裏で強い番組があったのかもしれないが、最終回の視聴率は、9.6%で最終回のみ10%を切ったのである。


私は、SMAP草彅・北川景子と豪華な組み合わせだったため、とりあえず最終回まで観て終わった。

フジテレビの思惑にきれいに従った形である。

せめて、最終回ぐらいは視聴者の記憶に残るような作品を作ってほしいものである。

最終回がイマイチだと、視聴者は本当に裏切られた気分になる。

作品のクオリティを後回しにして、まず出演者ありきで話を進めると言われる、フジテレビの典型的なドラマであった。

もったいない・・・。









テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

入浴中に地震とは・・・。

まさか、風呂に入っている時に地震が来るとは思ってもいなかった。

深夜に入浴している自分も悪いといえば悪いが・・・。

・・・別に悪くはないか。

入浴中に大地震で命を落としたとすれば別の意味で恐ろしい。

中年のおっさんが全裸で発見される・・・。

・・・やはり、恥ずかしいな。

できれば、服を着ている時に死にたい・・・。

・・・いや、いずれにしても死にたくはない。


それにしても、今年は土日祝日の休みに結構大きな地震が来ているような気がしてならない。

偶然か?

平日は仕事で動き回っているので、地震があっても気付いていないだけか?

甚だ不思議である。



テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

雪を喜ばない年齢になってしまった・・・。

子供の頃、熊本に住んでいた。
雪が降った時は、走り回って喜んだ思い出がある。

九州に雪はめったに降らない。
だから、小学生の頃は授業中に雪がパラパラ降り始めると、
教師が外で出ていいと粋な計らいをしてくれた。
40人ぐらいの生徒達は一斉に歓声をあげて我先にと走って外へ出ていく。

みんな雪が舞う空を見上げながら、大声を出して校庭中を走り回る。
決して積もるような雪ではない。
九州で降る雪は、異常気象で無い限り、数時間あるいは数十分でやんでしまう雪である。

だからこそ、思いがけないイベントを決して逃さないよう本能的にはしゃいでいたような気がする。

そんな田舎者が東京に出てきたばかりの頃、雪が降ると意味もなく心がわくわくしたものである。
今思うと、周囲の都会育ちの人々が嫌そうにしていた事に全く気付いていなった。
気温以上に温度差があった。
一面が銀世界になる大雪だと、感動して傘もささずに歩き回った。
いつもと違う街の雰囲気を楽しみたかったのである。

しかし、さすがに東京に住んで30年近くになると、都会の人々の空気に同化してしまう。
ニュースで雪だというと、真っ先に交通マヒを心配したり、傘の心配をしたり、防寒具の心配をしたり…
とにかく、厄介なものとしか思わなくなった。

今日は、久しぶりに雪の予報である。
面倒な1日になりそうだ。

そう思った瞬間、ふと子供の頃の記憶がよみがえったのである。
ひょっとしたら、私が高い志を持って上京しながらも…ことごとく挫折している自分自信の潜在意識が、
楽しかった過去を思い出させようとしているのかもしれない。
一種の防衛本能かもしれない。

都会の雪には、良くも悪くも考えさせらる力を感じる。
今年も寂しい年末年始になりそうだ…。



だから、今年は祖父母のいる南国、奄美大島へ脱出する事にした。
よく「自分探し」というが、現在の東京暮らしを客観的にみる機会にしようと思う。

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

<THE MANZAI>千鳥はなぜ毎年2回目のネタですべるのか?!

「THE MANZAI 2013」はウーマンラッシュアワーが優勝。

今年こそ千鳥の涙の優勝だと予想していたが、今年も2回目のネタですべって優勝を逃した…。

なぜ2回目にあんなネタで勝負するのか理解に苦しむ。

思えば、M1グランプリの頃も2回目のネタで失敗して優勝を逃したコンビが多かった。

麒麟とかオードリーがそうである。


あくまでも私見だ。


レイザーラモンを除く各コンビは、それなりにネタを持っているはずだ。

なのに、なぜ2回目に残念なネタを披露するのか?

プレッシャーで思考回路がおかしくなっているのだろうか?

西日本と東日本の笑いの違いだろうか?


私には極めて謎である。

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

「みっともない」の起源はやっぱりあの国か・・・?!

◇大韓サッカー協会HP「サッカーの起源は朝鮮半島」で抗議殺到(週刊ポスト2013年12月20・27日号)

 韓国がありとあらゆるものを「韓国起源」だと主張するのも、いまやお馴染みの主張となっている。日々ネットを中心に様々な新説・珍説が唱えられているなが、世界と付き合わねばならぬ国際組織であれば奇妙な韓国起源説は主張しないと思っていたら、大韓サッカー協会がサッカーまでウリジナル(われわれのオリジナル)であると主張して仰天された。

 大韓サッカー協会が公式サイトで「サッカーの起源は朝鮮半島」と書き、抗議が殺到し削除した。三国時代に蹴鞠があったという理由からだが、日本にも蹴鞠があったように世界中に似たような遊びはいくらでもある。



■■■■

◆思わず笑ってしまうが、鳥肌も立ってくる…。

「恥」という概念は韓国起源ではなかろうか?

日本国内で同様の事件が起これば、同じ日本人として恥ずかしく思うだろう。

韓国で、ウリジナルが恥ずかしいと思う風潮はないのだろうか?

ウリジナル再発防止策は、やはり同じ韓国人が努力しなければならない事である。

私は個人的に、日本から仏像を盗んでいっても平然としている頃から韓国は痛いと思うようになった…。

仮に立場が逆だとしたら、日本国内では批判が相次ぎ、仏像は返還され窃盗者は法的に罰せされるだろう。

それは別に日本だけではないだろう。

盗まれる方が悪いと考える一部の国々を除き、恐らく世界の常識である。

反日が理由なら何でも許される感覚は危険で恐ろしい。


2013年は、韓国の朴大統領が世界中で日本を貶めようとしたが、逆に自爆してくれたおかげで日本は助けられた。

第2次安倍内閣発足で日本の右傾化が懸念されたが、朴大統領のネガティブキャンペーンのおかげで思ったほど話題になる機会は少なかったように感じる。

痛すぎる朴大統領に逆に感謝するべきかもしれない。

ある意味、やっぱり親日家である…。


元々韓国に偏見が無かった日本人の中にも嫌韓意識が芽生える傾向になった。

右翼系団体等が、わざわざ嫌韓キャンペーンをしなくても済むのである。

知り合いのネトウヨ君も喜んでいた。


少し前だと、日本・韓国の国交断絶を唱えると極論だと言われていたはずである。

しかし今は「そういう気持ちにもなるよね…」と言われるレベルにまで達しているはずだ。

じわりじわりと確実に、日本人の嫌韓・反韓意識が強くなってきている事を痛感するのである。


今では痛い大統領の話題やウリジナルの話題がニュースになると思わず笑ってしまう事の方が多い…。

結局、笑うしかないというレベルにまできているのかもしれない。


私は大統領が先頭に立って、世界中に恥をばらまく国家に対し、シカとする事が一番だと思っていた。

しかし、無視すれば無視するほどかまってほしくて過激化する悪質な国に対し、笑ってあげる事が一番親切だと思うようになった。


そんな事を考えていると、やっぱり南北朝鮮は元々一つであり、分けて考える必要がないと痛感するのである。

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

納得のいく視聴率計測システムをつくってほしい。

◇「夫のカノジョ」3・3%で終了 全話平均も今世紀最低更新(スポニチアネックス)

川口春奈(18)主演のTBS系連続ドラマ「夫のカノジョ」(木曜後9・00)の最終回が12日に放送され、平均視聴率が3・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。前回の第7話の4・5%より1・2ポイント下げた。


■■■■

◆「3・3%ということで散々でしたね。おあとがよろしいようで・・・。」

この手の親父ギャグが全国でぽつりぽつりとつぶやかれている事だろう。


しかし、このドラマ、低視聴率が逆に話題になり有名になった。

中途半端な低視聴率ドラマよりもおいしかったような気がする。

同じく低視聴率で苦戦しているフジテレビ「家族の裏事情」の方が惨めに感じる。

「フジテレビの裏事情」を放送したら、もっと数字が良かったであろう。


私が現在一番楽しみにしているドラマはフジテレビ「リーガルハイ2」である。

リーガルハイ・シリーズは面白いのに意外と視聴率が伸びないドラマの代表格だと思う。

そもそも、視聴率の計測の仕方が時代に合っていないと思う。

お偉い有識者の方々で、新しい視聴率の計測方法を作り出してほしいものである。


それにしても、私は川口春奈が出演しているLGのスマホのCMがあまり好きではない。

顔が大きく見えるからである。

キンタロー。といい勝負である。






テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

<ワラチャン>からし蓮根の今後に期待・・・。

日テレ開局60年記念番組「U -20お笑い日本一決定戦ワラチャン!」に九州学院OBのコンビが出場した。

「からし蓮根」という、熊本を象徴するようなコンビ名である。

これは楽しみだと期待しながらテレビを観ていた。

番組が熊本の九州学院まで取材に行っていて驚いた。

あの先生、まだ現役なのか等、懐かしい気持ちになれて良かった。

今さらながら、九学はすっかり男女共学の学校になったと感じた。


ただ正直、この番組で面白かったのは、お嬢様ネタの「たかまつなな」だけだった…。

生放送である事もあり日テレの段取りも悪く、番組自体があまり盛り上がってなかったような気がする。

小学生姉妹のコンビに限っては、8時を過ぎている為、決勝はVTRを流すという始末。

微妙な空気…。

生放送の為、ゲストの片瀬那奈の複雑そうな顔が一瞬映り、それが一番面白かった。

優勝者が決まる際も、なんの抑揚も無かった。

あっけなく「たかまつなな」の名前が出て、放送時間が残りわずかとなり、ゴールが予定より遅れた24時間マラソンの選手のように、放送終了の数秒間だけたかまつが少し叫んでそのままとぎれて終わった…。

ぐだぐだとしか言いようがない番組であった。

日テレの60周年記念番組との事で次はあるのだろうか?


何はともあれ、からし蓮根はこれからが期待されるコンビである。

お笑いブームがまたいつかやってくるはずである。

その時、ピークに持っていけばいい。


さて、九州学院出身のお笑い芸人といえば、なんと言っても、故原哲男氏。

大友康平に名前を付けてもらった「ゴリけん」。

そして、たけし軍団の無法松…。

私は3人しか知らない。

特に「ゴリけん」は昔、ウィキペディアの九州学院の著名な出身者の一覧に入っていたはずだが、今は外されているのはなぜだろうと不思議に思っていた。

カバさんは別格として、おそらくお笑い芸人はあまり良く思われないのではと思っていたが、からし蓮根に対しては学校を挙げての応援があったので違うみたいである。

何か別の事情がありそうだ。

よくよく考えて見れば無法松の名前はある…。

とにもかくにも、テレビを観れば、高良健吾やからし蓮根が出ていて嬉しい限りである。

その他、あらゆる分野でOBが頑張っている事を考えると私も奮起しなければならない。

ワンパターンだが、今年も同じ事を考えて年末年始を過ごす事になりそうだ…。

それにしても、今、日本で一番活躍している熊本関係者は間違いなく「くまもん」である…。


そういえば熊本つながりだけだが、ふと思った事がある。

以前、爆笑レッドカーペットに出ていた「もっこすファイヤー」はどうしているのか?

検索しようとしたら入力候補に「もっこすファイヤー つまらない」と出てきた。

これ以上、調べるのはもうやめた。








テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

久しぶりにミスターマッスルを見た。

秋葉原駅構内で、偶然見かけた中東系外国人にどっかで見たような気がして考え込んでしまった…。

しかし、誰だか思い出せない。

とにかく、懐かしい人物である事は間違いない。

しかも、相手と目が合ってしまった。

それでも、無意識だったので目が合ってもそらす事なく考えこんでいた。

目が合っている事にようやく気付き、人違いのふりをして慌てて目をそらし、総武線の電車に乗った。

そして、ついに電車の中でようやく思い出した。

マッスル…。

ミスターマッスルだ!!!

昔、笑っていいとも!に出演していたミスターマッスルことランディ・マッスルである。

やっぱり懐かしい。

まだ日本にいるのか?!

ウィキペディアで調べると、「タレント事務所(有)マッスルパワーズの代表。また、自由が丘でセルフエステショップミューフルレイラも経営。」とあった。

まだまだ活躍中の外タレである。

笑っていいとも!も来年には終わってしまう…。

そんな事を考えると、感慨深い思いにさせらてしまう10分程度の出来事であった。







テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

<ハライチ澤部>できちゃった結婚告白・・・。

笑っていいとも!を観ていたら、ハライチ澤部入籍の記者会見を面白おかしくやっていた…。

澤部はタモリや中居、ローラにいじられ幸せそうだった。

童貞婚とかチェリー婚とか言われていたが、すでに23歳の奥様は妊娠5か月との事。

やっぱり芸能人は信用できないと思った。




テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。