苦言愚言ログ 本当に恐ろしいアスベスト(石綿)問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に恐ろしいアスベスト(石綿)問題

今、世間ではアスベスト(石綿)による被害が30年から40年もの長い年月を経て起きています。私は中学生時代、ブラスバンド部に所属しており、理科室で練習していました。その理科室の天井には、あのアスベストが吹き付けられていました。楽器を吹くと振動で天井から粉が落ちてくる事があり、逆に仲間と面白がって、ほうきで突いて粉を落として遊んでいた記憶があります。天井に大きな窪みができる位、粉を落としていましたから、今思うとゾッとします。その後、アスベストの発がん性が問題となり、地元のテレビニュースで私の中学校の理科室が放映されました。特に私達がふざけて粉を落として窪みになった部分がアップで放映されたので、翌日学校で仲間と興奮してはしゃいでいました。それからしばらくして、アスベストの撤去工事が行われました。あの頃は子供だった事もあり、発がん性があるとは知っていましたが、半信半疑でした。しかし数十年後になって、アスベストにより命を落とす方がいるという事は、本当に恐ろしい事だと思います。会社に何十年も勤務し、その結果が「死」であるというならば、これほど悲惨な事は無いでしょう。昔は学校等にも無造作に使用されていたアスベストですが、少しでも危険性があるというのであれば、やはり使用するべきでは無かったでしょう。それは今となっては綺麗事になります。しかし、アスベストが使用され続けた理由には、人間のエゴが見え隠れします。例えば、現代人は危険性のある食品添加物に敏感だと思いますが、その危険の基準を定める際に、しっかり検査されているのか不安になる事があります。外国の圧力で、日本で危険とされる基準を上回る、食品添加物が含まれた食品が、強引に緩和されて輸入されない様、厳しく取り締まって欲しいと思います。BSE問題にしても同様です。アスベスト問題のように、後から発覚してもあまりにも遅すぎますから。
スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。