苦言愚言ログ 【奄美大島に】 (6)大島紬が危ない・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奄美大島に】 (6)大島紬が危ない・・・。

昨年の12月30日祖父が読んだ後の南海日日新聞をパラパラめくりながら、ざっと眺めていたが、「ついに年産5千反台-本場奄美大島紬」という見出しが気になった。

・1985年以降29年連続の減産
・戦後のピーク28万4278反(1972年)の2・1%まで落ち込む

減産に歯止めがかからないという・・・。

さらに年が明け2014年になり、1月6日の南海日日新聞では、大島紬を着た人々が大島紬の再興を願う行進をするという内容の記事があった。

機織り産業が復活する事は島の人々の切なる願いなのである・・・。


奄美大島紬織物協同組合 伝統工芸品 本場 奄美 大島紬 7マルキ総柄 XQ-11



大島紬は奄美の一特産品であるだけでなく、奄美の文化そのものと言っていい物である。

私が幼い頃、母も大島紬を織っており、機織りの独特の音を聞きながら育った。

産業として完全に廃れる状況になれば奄美に明るい未来はない。

しかし、後継者不足と若者の着物離れも半端ない状況である。

高齢者でさえ、着物は着る際も、着ている際も、脱ぐ際もきついという人がいる。

深刻な状況はもうしばらく続きそうだ。


ただ、久しぶりに奄美に来て驚いたのは若い人が増えたなっという事だった。

新聞にも奄美市の人口が増えている記事があり、個人的には、大型ショッピングセンターが大勢の客で賑わっている様子を見ていると、奄美の都市化も着々と進んでいると感じる。

いつか大島紬の生産量が増える抜本的な改革が起こるのではないかと思う。

奄美の若者による奄美版、産業革命に期待。


昔、有名デザイナーが日本の着物をアレンジしたドレスを発表していた記憶がある。

大島紬をモチーフにしたグッズの種類が増えればいいと思う。

個人的には、大島紬を使用した携帯・スマホ用アクセサリーが面白い。

スポンサーサイト

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。