苦言愚言ログ それでも私は浦和レッズをひたすら応援するしかない・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも私は浦和レッズをひたすら応援するしかない・・・。

◇浦和―鳥栖戦 ゲートに差別的横断幕か(スポニチアネックス)

 8日に埼玉スタジアムで行われたJ1の浦和―鳥栖戦で、「日本人のみ」「日本人以外お断り」の差別的な意味にも取れる「JAPANESE ONLY」の横断幕が掲げられたことが分かった。

 この横断幕は、浦和ゴール裏の観客席への入場ゲートに日の丸と並べて掲げられた。

 浦和のDF槙野智章(26)は同日夜、自身のツイッターでこの横断幕を問題視。「今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。 浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。 こういう事をしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない」とつづると、2時間で1万件を超えてリツイートされた。

 試合はホームの浦和が0―1で敗れた。


■■■■

◆Jリーグ発足時に、連敗続きのレッズを支え続けたサポーターの姿を思い出す。

以前、あの頃の様子を話しても、知人のレッズ・サポーターは信じられない様子だった。

私が若い頃から応援していたのは、プロ野球はダイエーホークス(当時)と浦和レッズである。

当時は、どちらも最下位争いの常連だった。

しかし、現在はどちらも優勝実績もある強豪だ。

しかし、サポーターがチームのイメージを悪くするようになればおしまいである。

現在のレッズ・サポーターは方向性を失っている。

差別の横断幕を平気で掲げる行為は、どっかの卑しい国を連想させる。

あの国と同類になってしまう。

それでも私は、そんなレッズを応援し続けるしかない。

私には、横断幕を掲げる人達に一人で抗議する勇気もない。

ただ、レッズが負ける腹いせにサッカーと関係ない事で憂さを晴らそうとする行為は残念というより悲しく思う。

こういう事件が起こるぐらい、レッズは落ちぶれてしまった訳だ。

それでも私は、ひたすらレッズを応援するのみである。

レッズの復活が待ち遠しい。

今年の冬は、気象庁も認める異常な冬である。

それでも必ず春が来る。

レッズ・サポーターなら、早い時期にレッズの春が来る準備をしておくべきである。






スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。