苦言愚言ログ 北朝鮮のポンコツミサイルは逆に性質が悪い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮のポンコツミサイルは逆に性質が悪い

北朝鮮はみっともない。
テポドン2にしても発射してすぐに落下している。
恥ずかしくないのか?

一体何の目的があって、そんな事をするのか考えてみる。
北朝鮮が誇るミサイルを宣伝しようとしてやったとするのであれば自爆も同然である。
やっぱり恥ずかしくないのか?

燃料をけちったのか、あるいは単純に能力が少ないのか、いろんな憶測が飛び交っているが、はっきり言って北朝鮮は末期である。
北朝鮮は内紛で崩壊するに違いない。
もちろんスカットミサイルにしろテポドンにしろ、日本のどこかに墜落したら大惨事になる。

北朝鮮の無能ミサイルは、細かな調節もできない。
日本を狙わなくても、日本に落ちる可能性がある。
だからこそ、性質が悪い。
北朝鮮の遅れた技術が逆に危険なのである。

理性のきかない愚か者こそ恐ろしいものはいないのである。
逆に北朝鮮に技術指導をした方がいいのでは?




スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと、考えたこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。