苦言愚言ログ 教育者が自殺したら示しがつかない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育者が自殺したら示しがつかない

茨城県立佐竹高校(常陸太田市)の校長が首吊り自殺。
同校では履修漏れが発覚していた。

生徒の自殺が問題になっている現状で、学校長が自殺する事は影響が大きすぎる。
死ぬことによって責任を取る事が正しいと勘違いする生徒が出てきたら、収拾がつかない。
教育者が犯罪を起こす事例も非常に多く、教員免許を更新制にする論議も益々過熱しそうだ。

やはり日本の教育はおかしい。
詰め込み型の偏差値重視の教育から、ゆとり教育の政策に変わったが、それも失敗だった。
ポイントは生徒への教育指導と併せて、教員への指導を怠った事だろう。

生徒の自殺を認めようとしない、責任逃れしか考えていない、学校側の対応を生徒達が見て、成長していく・・・。
悪循環はこれからも続いていくのだろうか?


スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。