苦言愚言ログ 集団リンチ参加者の罪を人数で割ってはならない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団リンチ参加者の罪を人数で割ってはならない

角界を揺るがしている、時津風部屋の17歳力士の死亡事件は、関係者の適当な処分で終わらせてはならない。

相撲界では呼び方が違っても、実質的に集団リンチ殺人と変わらない。
死につながったのだから、そこに師弟愛も何も無かった。

一般的に集団リンチ殺人事件で、私が最も腹立たしく、かつ疑問に感じる事は、リンチ参加者の罪意識である。
まるで罪を人数で割ったかのようなレベルの罪意識の感じ方ではないのか?
そこに集団リンチ殺人事件の恐怖を感じる。

時津風部屋にいた全力士の内、一体何人が「かわいがり」という名の集団リンチに参加したのか?
警察は徹底的に調査して、一人一人を厳しく取り締まるべきである。

時津風親方解雇の報道なんかどうでもいい。

時津風親方逮捕の報道が本当の始まりなのである。



スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。