苦言愚言ログ <北京五輪> 星野監督「勝った者が強い」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<北京五輪> 星野監督「勝った者が強い」

そりゃそうだ・・・。




しかし、男子マラソンの佐藤選手の完走には、ただの傍観者から見れば救われる思いがする。
彼は、五輪の勝者である。
北京五輪のクライマックスで、棄権する選手が多い中、最後に完走した佐藤選手にはホッとする。
レース後の紳士的な姿は、日本選手の誇りである。
NHKのアナウンサーが、閉会式の中継の終わりに語った言葉は、臭いようだけどとても印象に残った。

「メダルをかけていない選手にも賞讃というメダルをかけてあげたい・・・。」


・・・だったかな?
うろ覚えだからな・・・。
こういった言葉って、アナウンサーの間でも使い回しされているのだろうか?



スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。