苦言愚言ログ まだアメリカに無限の可能性を感じている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだアメリカに無限の可能性を感じている

初の黒人大統領が誕生したアメリカ。

オバマ大統領の演説は素晴らしかったと思う。

逆に優秀すぎる大統領に過剰な期待が寄せられている事が問題であろうか。

オバマ政権には辛口の評論も多いが、あのアメリカ国民が黒人大統領を認めた事だけでも意味がある。

人類史上においても意味がある。

今さらながら、アメリカで起きた大きな出来事に鳥肌が立つ。

どん底のアメリカ経済であるが、アメリカの究極のプラス思考は見習いたいと思っている。

古いセンスかもしれないが、つまらない生き方をしている私には、アメリカはまだ憧れの国である。

死語かもしれないが、まだアメリカンドリームは生き続けていると思う。

アメリカの属国にようにふるまう事が多い、日本もチェンジが必要である。

日本もオバマ大統領と常に対等な関係が維持できる、強い指導者が欲しいものだ。

国民に期待される指導者とは、日本国内では滅多に聞かない言葉である。

小泉元総理が痛みを伴う政治を行いながらも国民に支持されたのは、小泉元総理が日本の古い政治と闘ったからである。

結局、その後継者は現れず、また古いスタイルに戻そうとする動きが、日本の政治を腐敗させているのだ。

もしオバマに負けない政治理念を持つ議員がいるのなら、もっと自民党を離党する議員が出てもおかしくないと思うのだが・・・。

現在、判明している日本版アメリカンドリームは、漢字が読めなくても総理大臣になれるという事ぐらいである・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。