苦言愚言ログ <新型インフルエンザ>診察拒否は日本の恥・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<新型インフルエンザ>診察拒否は日本の恥・・・

医学知識なんて全くない自分であるが、医療関係者に苦言及び愚言を呈したい。

普通の熱等でも受診拒否とは、医療のプロがする事じゃないだろう?

医者がこんな調子なら、日本はすぐにパニック状態になるだろう・・・。

貧乏くじを引かないように、受診拒否をくり返す医療機関は公表すべきである。

「冷静に、冷静に」と言葉だけの厚生労働省の頼り無さも、医療機関を不安がらせているのだろうが・・・。

患者が医者に受診拒否されるようになれば、日本は先進国とは言えないだろう。

救急患者の受け入れ拒否問題等、普段から叫ばれている医療機関の問題が多々あるが、今回の受診拒否もその延長線上なのだろう。

日頃のつけが、いざという時に何倍にもなって返ってくる・・・。

いざという時に患者を守れないとは・・・正に非常事態である。

普段からずさんな医療体制だからこそ、平気で受診拒否をやってのけるのである・・・。

ずさん医療制度が、さらに医者のモラルを低下させる。

経営優先・・・患者の命は二の次・・・。

国が積極的に動いて欲しいものである。

今頃「調査」と言っている・・・。

日本の危機管理は、まだまだ発展途上である。


スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

一般病院で疑い患者の診察は無理

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

都筑てんがさん

A型に感染しているかどうかは鼻の中に綿棒を突っ込めばすぐに分かります。まさかそれさえも出来ない病院はどこにも無いでしょう。

新型かどうかは検査しなけりゃわからないわけで、疑わしいというだけで診察拒否は論外。患者は正確な病状も分からず、場合によっては見殺しにされることになります。
プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。