苦言愚言ログ 同性婚は時代の流れだけれども・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性婚は時代の流れだけれども・・・

エルトンジョンもついに男性と結婚しちゃいましたね。
どっちがダンナになるのでしょうか・・・。

キリスト教の影響を受けているヨーロッパで、同性婚を認める考え方は、画期的で素晴らしいと思いますが、私はちょっと複雑です。

私の80年代の象徴だった「ワム」のジョージマイケルも男性の恋人と来日してきました。
まさか・・・あの若かった頃、あんなにハンサムだったジョージが、あんな髭ヅラになって同姓の恋人を紹介するなんて・・・。
動きや話し方もゲイそのものでしたね。
当時学生だった私は、全くそんな未来が予想できていませんでした。
うわさはありましたが、その類の話は当時、芸能ニュースでもタブーだったような気がします。

将来、同性婚は少子化が進行する原因の一つになると思います。
いずれは少子化が深刻な日本でも、同性婚を認める・認めないで論争が起きるのでしょうか・・・。

いずれにしろ、彼らの素晴らしい名曲は永久不変です。
昔のヨーロッパ貴族や作曲家にゲイが多い事実を考えると、同性愛と芸術は深く関係していると思います。
まさにゲイ術ですね!!! (…ベタでごめんなさい。)

今年のクリスマスもいろんな場所で「ラストクリスマス」が流れている事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。