苦言愚言ログ 死んで詫びたいと言うほどの人間が無罪を主張するのはおかしい・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んで詫びたいと言うほどの人間が無罪を主張するのはおかしい・・・

<押尾被告「腹切っておわび」初めて謝罪もえん罪主張>

保護責任者遺棄致死などの罪で25日に起訴された元俳優・押尾学被告(31)の弁護士が26日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「えん罪。事件は作られたもの」と無罪を主張した。押尾被告が、起訴されたことに激怒している一方、亡くなった田中香織さん(当時30歳)の遺族に対しては「腹を切ってでもおわびをしたい」と話していることも明らかにした。(スポーツ報知)

腹を切るとまで言う人間が、罪自体はありませんよと主張するのは不思議である。
マスコミに公表するまでに綿密に計算して言葉を選んでいるとは思うが、死んででもお詫びしますと大口を叩けば叩くほど、醜い裁判上の駆け引きが見え隠れしているのが腹立たしく感じる・・・。






スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。