苦言愚言ログ 落書きでいじめ「SOS」 「先生 みてみぬふり」 滋賀・彦根(中日新聞)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落書きでいじめ「SOS」 「先生 みてみぬふり」 滋賀・彦根(中日新聞)

学校によると、昨年12月10日から今月22日までに、市内のスーパーや量販店などで、女子トイレのドアの内側などに「○○(中学校名)の先生たちはイジメをみてみぬふりして なかったことにしてしまう」「○○サイアク イジメ ひどくなった」など、黒色のペンでの書き込みが見つかった。

中日新聞(CHUNICHI Web) 2011年1月27日 07時54分

---------------------------

結局、落書きが事実かどうかはっきりされる事はないだろうが、仮に学校で教師さえも敵となれば、いじめられる生徒にとって学校は正に生き地獄である。

いじめられる者達の様々な形のメッセージに、常に大人達はアンテナを張っていなければならない。

教訓になる記事である。

私も娘の行動等に注意しよう・・・。


・・・・・・そんな事を考えていると、やっぱり教育現場の人達は本当に大変だと思う。

少子化だからこそ、子供達にレベルの高い少人数教育を受けさせる絶好のチャンスだと思うのだが・・・。

一人前の社会人として生きていく為の、貴い道徳を集団生活で身に着ける絶好の学校生活のはずなのだが・・・。

現代の悪い大人をマネするから、いじめが流行るのだろう。

現代人が道徳を二の次とし、激しい競争社会にしてしまった以上、結局は政府に教育改革をしてもらうしかないのである。


高い志があり、聖職と言われる教師になった者達の純粋さが綺麗事にならない環境が理想的である。





スポンサーサイト

テーマ : 愚痴りたい!!!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。