苦言愚言ログ <なでしこ> 純粋に見ごたえある試合だった・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<なでしこ> 純粋に見ごたえある試合だった・・・。

なでしこジャパンは、アルガルベカップ決勝でドイツに惜しくも敗れた。

しかし、前半の後半から(ややこしくて申し訳ない)日本の反撃は本当に見事だった。


前半が始まってすぐに2点を奪われ、今日は完敗だなと思いながらテレビを観ていた。

しかし、一瞬でもドイツにボロ負けするのかなって思った自分が恥ずかしくなった…。

なでしこジャパンは前半に1点を返し、後半はメンバー3人を代えて開始するとすぐに1点を取り同点に追いついた。


素晴らしい同点劇であった。

だが、後半の後半(度々ややこしくて申し訳ない)にドイツにPKで勝ち越されてしまったのである…。


それでも2点差から同点に追いついた事は素晴らしいと思いながらテレビを観ていた。

完敗だと思っていた試合が、2対3というスコアで終わる事は立派だと思った。

しかし、そのままドイツに惜敗で終わるのかなっと一瞬でも思った自分がアホだった・・・。

勝ち越された直後、なでしこ達はすぐに意地の同点ゴールを決めたのであった。


最近、調子が悪い日本男子サッカーとは違い、日本女子サッカーに世界一のオーラを感じた。


なんと粘り強い選手達なんだと感動しながらテレビを観ていた。

同点だとPK戦になるらしく、PK戦なら日本が有利かなっと思った。

しかし、そのまま同点で終わると一瞬でも思った自分が甘かった…。

同点に追いついた直後、ドイツに再逆転されたのである。


さすがにこれで勝負あり…。


結果は3対4という、壮絶な試合であった。

とにかく負け試合とはいえ、なでしこジャパンは素晴らしかった。

試合終了直後の宮間のインタビューも高校球児みたいで立派だった。

フジテレビも視聴率が楽しみであろう。


それにしても、ワールドカップ、オリンピックに次ぎ3番目に権威があるとされるアルガルベカップ。

なぜ、観客席はガラガラなのだろうか?


いずれにせよ、なでしこ達の本番はオリンピックである。

今大会での収穫・課題を活かしてオリンピックでは2度目の世界一になってほしいものである。


ドイツ女子チームは、なでしこジャパンのオリンピックでの活躍をテレビで観戦するがいい。

ちょっと負け惜しみ…。



スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高木監督、惜敗に激怒!「どうせ負けるならボロ負けの方がいい」

 「中日1-2ヤクルト」(7日、ナゴド) 惜敗に中日・高木監督は「どうせ負けるならボロ負けの方が良かった。勝てる試合を勝てなかった。面白くない」と吐き捨てた。2併殺9残塁の拙攻。「(本塁に)かえ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。