苦言愚言ログ 「生類憐みの令」の逆バージョンみたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生類憐みの令」の逆バージョンみたい…

◇「犬税」を検討 ふん放置対策の財源に(毎日新聞)

 大阪府泉佐野市の千代松大耕(ちよまつ・ひろやす)市長は27日、犬や猫のふんの放置対策の財源として「犬税」(仮称)を導入する検討を始めたことを明らかにした。市議会本会議で「モラル、マナーの向上を市民に求めたい。徹底的に取り締まりと啓発を行っていく」と述べ、改善されない状況が続けば2年後をめどに導入に踏み切る考えを示した。


■■■■■■■■


◆江戸時代の生類憐みの令とは逆バージョンみたいで面白いニュースだと思った。

驚いたのが泉佐野市長の名字が「千代松」であった事・・・。

千代松といえば私が好きな水戸黄門、水戸光圀の幼名である。

水戸光圀は悪名高い生類憐みの令と真っ向から闘い、

徳川綱吉に犬の皮を送りつける等、フィクションに負けないエピソードがいくつかある。


路上喫煙と同様、犬のフンをそのままにして去ってしまう飼い主にモラルを呼びかける事は有意義だと思う。

全国に先駆けた画期的な試みとして今後に注目したい。




スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

temple

  • Author:temple
  • とにかく言いっぱなしです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。